あつーい!

と、叫びたくなる猛暑日が続く今日この頃。

まだ6月ですが、ノースカロライナ在住の皆さまには暑中お見舞い申し上げます。

なんたって、トロピカルなマイアミの方が涼しいし。。

となると、やっぱり冷やし中華の出番!

夏バテで食欲が落ちていても、冷たい麺類は食べやすいし、たくさんの具が上にのっているから栄養のバランスもそれほど偏らないような気がする。

ちなみに、一般的に私たちが想像する冷やし中華って、

  • 食欲をそそるさっぱりレモンだれ(またはゴマだれ)
  • ツルツルもちもちの冷たい麺
  • 錦糸卵にハム、シソ、キュウリ、翡翠ナス、紅生姜、トマト、ワカメ、など。

でも!

某日本料理店@NC西部の冷やし中華はかなりユニークですよ。

こちら↓

“じゃーん♪”

上から時計回りに、生の人参、中華海藻サラダ、ブロッコリー、もやし、キュウリ、揚げ豆腐、アボカド。

ね? ユニークでしょ?

一瞬「えー?!」と思うけれど、これって多分、アメリカ市場向けに大変身した冷やし中華なんですよ。たぶん(笑)

(手間がかかる)錦糸卵も、ハムもない。=合理的、かつベジタリアン食。

プロテインは揚げ豆腐で補い、アメリカ人には難易度が高いであろうと思われる生ワカメは、甘いタレが絡まっている中華海藻サラダにチェンジ。

ハムを使わないのは、菜食主義者のお客様は勿論、豚肉を食べないユダヤ教徒やイスラム教徒のお客様を意識してのこと。

 想像力をかきたてられながらすすった冷やし中華は、 異国に来た事を感じるお味でございました。ちなみに冨士子ちゃんは、やっぱり日本のオーソドックスな冷やし中華の方がいいなぁ。

Posted by:fujikotriangle